山口県職業能力開発協会は「職業能力開発促進法」に基づき、国や県と連携をとりながら従業員の能力開発、向上のための事業を行う団体として設立されています

若年者ものづくり競技大会

第12回若年者ものづくり競技大会 本県選手8名が入賞

 愛知県名古屋市等で開催された若年者ものづくり競技大会に、山口県から8職種15名の選手が出場し、過去最多の8名の選手が入賞しました。なお、金賞受賞のロボットソフト組込み職種の防府商工高等学校は、昨年度の大会に続き2連覇となります。

開催日程・出場種目等


会  場:名古屋高等技術専門校
日  時:平成29年8月2日(水)、3日(木)
出場職種:1職種(旋盤)1名
     

会  場:名古屋市中小企業振興会館
日  時:平成29年8月3日(木)、4日(金)
出場職種:7職種14名
     機械製図CAD、電気工事、ITネットワークシステム管理、ウェブデザイン、
     オフィスソフトウェア・ソリューション、グラフィックデザイン、
     ロボットソフト組込み

入賞者

成 績職 種氏 名所属・学年
金賞 オフィスソフトウェア・
 ソリューション
田中 幸輝 山口コアカレッジ
 ITエキスパート科3年
金賞 ロボットソフト組込み中谷 尚矢 防府商工高等学校 
 機械科3年
西嶋 俊哉 防府商工高等学校
 機械科1年
銀賞 旋盤神代 大介 下松工業高等学校
 システム機械科2年
敢闘賞 電気工事森清 光紀 宇部工業高等学校
 電気科2年
敢闘賞 オフィスソフトウェア・
 ソリューション
並河 悠自 山口コアカレッジ
 ITエキスパート科2年
敢闘賞 オフィスソフトウェア・
 ソリューション
米本 篤弥 山口コアカレッジ
 ITエキスパート科3年
敢闘賞 グラフィックデザイン廣政 奈那美 山口芸術短期大学
 芸術表現学科2年

 
 

入賞者

若年者ものづくり競技大会の概要

目的

 若年者ものづくり競技大会は、若年者に目標を付与し、技能を向上させることにより、若年者の就業促進を図り、併せて若年技能者の視野の拡大を図ることを目的に開催されています。

拡大

拡大

拡大

拡大

拡大

拡大

拡大

拡大

主催

厚生労働省及び中央職業能力開発協会

競技職種

下表の15職種が実施されます。
 
NO職種名NO職種名
1メカトロニクス9自動車整備
2機械製図(CAD)10ITネットワークシステム管理
3旋盤11ウェブデザイン
4フライス盤12オフィスソフトウェア・ソリューション
5電子回路組立て13グラフィックデザイン
6電気工事14ロボットソフト組込み
7木材加工15造園
8建築大工  
 

 

参加資格等

PDFファイル第12回若年者ものづくり大会募集要項

 大会の参加資格は、以下に示す「(1)全職種共通の参加要件」のいずれにも該当する者であり、かつ、参加を希望する職種について「(2)職種ごとの参加要件」に示す事項を全て満たすものとします。

(1)全職種共通の参加要件

 全競技職種とも、参加資格対象者は、原則として、次に示すイ、ロ、ハ、ニのいずれにも該当する者とします。

イ.日本国内の職業能力開発施設、工業高等学校等において技能を習得中の者であること。
ロ.企業に就職していない学生、訓練生等であること。なお、次の者は参加を認めない。

・企業等への就職経験者(競技職種にかかわる職種に限る)
・大会開催時に就業していることが見込まれる者

ハ.当該職種への参加に相応しい技術を習得していると認められる者であること。
二.所属施設長が大会出場について、了承をした者であること。

(2)職種ごとの参加要件

 参加を希望する職種について、要綱に示す要件を全て満たす者。

大会参加費

 選手1人当たり、一定額の参加費(3,240円/人[消費税込)を徴収します。

 

技能五輪全国大会への選手選考について

PDFファイル第55回技能五輪全国大会選手権選考結果

お問い合わせは・・・

山口県職業能力開発協会 能力振興課
753-0051 山口市旭通り二丁目9-19 山口建設ビル3階
TEL:083-922-8646/FAX:083-922-9761