山口県職業能力開発協会は「職業能力開発促進法」に基づき、国や県と連携をとりながら従業員の能力開発、向上のための事業を行う団体として設立されています

技能五輪全国大会

技能五輪全国大会の概要

技能五輪全国大会の目的

  国内の青年技能者の技能レベルを競うことにより、青年技能者に努力目標を与えるとともに、技能に身近に触れる機会を提供する等、広く国民一般に対して、技能の重要性をアピールすることにより、技能尊重気運の醸成を図ることを目的としています。

主催

厚生労働省及び中央職業能力開発協会
拡大

 平成29年度の第55回大会は、平成29年11月24日(金)から11月27日(月)までの間、栃木県を会場として開催されます。
 第54回大会に続いて、多くの職種に多数の選手の活躍を期待しています。
 

技能五輪全国大会については

第54回技能五輪全国大会

競技職種

前期

機械組立仕上げ作業金型仕上げ作業普通旋盤作業
フライス盤作業構造物鉄工作業タイル張り作業
打出し板金作業曲げ板金作業電子機器組立て作業
配電盤・制御盤組立て作業左官作業家具手加工作業
木製建具手加工作業フラワー装飾作業とび作業
婦人子供注文服製作作業  

 後期

 
冷凍空気調和機器施工作業石材加工作業大工工事作業
建築配管作業電気溶接西洋料理
機械製図CAD作業  

団体推薦職種

メカトロニクス美容理容
洋菓子製造自動車工造園
和裁日本料理レストランサービス
車体塗装ITネットワークシステム管理情報ネットワーク施工 
ウェブデザイン移動式ロボット 

参加資格

 23歳以下の者。(実務の経験年数は問いません。)

参加申込み

 (イ)申込申請書、(ロ)受付期間、(ハ)提出先、(ニ)参加手数料(技能検定実技試験受検手数料と同額)等の手続きは技能検定試験の場合と同じです。
 なお、電気溶接、西洋料理、団体推薦職種については、別途当協会に申し込みしてください。

競技問題及び実施

 競技課題は、技能検定2級の実技試験問題と同一問題で実施します。(電気溶接、西洋料理は除く)
 なお、実施日は、参加者に別途通知します。

特典

 一定の成績を収めた者は、技能証を交付します。技能証を授与された者は、同一検定職種2級の実技試験が免除されます。

全国大会参加

 山口県予選大会の競技ごとに成績優秀者を全国大会の出場選手として推薦します。