山口県職業能力開発協会は「職業能力開発促進法」に基づき、国や県と連携をとりながら従業員の能力開発、向上のための事業を行う団体として設立されています

トピックス2

令和2年度全技連マイスター認定者

山口県から1名の方が、卓越した技能と指導力を有し、また、技能の普及や後継者の育成に積極的であるとして全技連マイスターに認定されました。
 
                        令和2年9月1日認定

職 種 名認 定 者
フラワー装飾国村 恵美子

 

 

山口県技能士会連合会の活動状況について

「働き方改革応援セミナー」結果報告 令和元年9月27日更新


 去る9月25日、周南市において、本年度の新規事業「働き方改革応援セミナー」を開催いたしました。
 その概要は下記のとおりですが、アンケートの結果から、回答者の約7割の方々が、「働き方改革」の概要についておおむね理解いただけていること、そして、既に取り組んでいるか今後検討・取組を進めたいと考えていることがわかりました。
 今後さらに理解が進むことを期待するとともに、実際の取組については、各技能士会や各事業所等において、個別の実情に即した検討や対応が進むことが望まれます。
 講師の方からも、あまり無理をせずに「できることから始めましょう!」とのアドバイスがありました。今後、いろいろな形で「働き方改革」が進むことにより、技能人材の確保・定着に繋がっていくことを強く念願しています。
 なお、「やまぐち働き方改革支援センター」( 詳しくはホームページをご覧ください )においては、様々な相談に対応(無料の訪問相談も可能)されているとのことでしたので、是非、お気軽に問い合わせてみてください。
 
【概要】
 
◇開催日時 令和元年9月25日(水)10:00~11:30
 
◇開催場所 キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター「カルチャールーム」(周南市)
 
◇講  師 やまぐち働き方改革支援センター 城上(しろかみ)統括アドバイザー
 
◇参 加 者  42名(各技能士会所属の34企業・団体)
 
◇アンケート結果 総回答者数 28名
 
       ①「働き方改革」の理解について
        ・おおむね理解できた       19名
        ・まだ十分には理解できていない   8名
        ・その他              1名
(理解していたつもりでも、わかっていないことがあった。)
                             
       ②「働き方改革」の実行(予定)について
        ・既に、一部の取組を進めている   8名 
         (労働時間規定整備、SNS受発信、業務改善、片付け、時間短縮、
社会保険完備、就業規則見直し、36協定、有給休暇制度、休日・
残業時間の把握・改善、高齢者雇用等)
        ・今後、検討して取り組んでみたい 10名
        ・まだ取り組めるかどうかわからない 7名
        ・今のところ、取り組むつもりはない 1名
        ・その他              2名
         (時間給で計れない仕事なので、どう変えてよいか迷う)
      
③その他意見等(順不同)
 ・働き方改革の成功事例を詳しく聞きたい。
 ・業務的に「改革ができない」がテーマなので、スモールステップの取組を拡めていきたい。
 ・身近なところからしか取り組めない。
 ・働き方改革について、もっと勉強したい。
 ・「高齢者の活用」と「高所作業の年齢制限」は、矛盾していると思う。
 ・中小企業に当てはまり難い点をきちんと把握・対応していただきたい。    
 ・講師へのお願い:重要ポイントは復唱してほしい。
  残業時間規制等重要な数値は具体的数値をハッキリと明確に説明してほしい。
  参考資料は、文字が小さく判読できない箇所が多い。
 ・最低工賃の値上げを労働局に伺ったところ、受注先の意見で上げられないとのこと。
  今後、どのような方向に向かえばよいか?
  東京などと山口県の最低賃金の格差が大きい。

  
セミナーの様子

 

「やまぐち建設産業魅力発見フェア」に、4技能士会が出展しました

 県技能士会連合会として後援(県技連の令和元年度新規事業)しています「やまぐち建設産業魅力発見フェア」(県主催)が令和元年6月4日(火)に「きらら博記念公園多目的ドーム」で開催され、県内6高校の約210名の生徒たちが、日ごろ目にできない「ものづくりの現場」をじっくり体感しました。女子生徒の参加も多く、男女ともに目を輝かせて興味を示すシーンもありました。

【出展団体】 技能士会関係4団体
 ・鉄筋技能士会
 ・畳技能士会
 ・鳶工業連合会技能士会、
 ・建設山口技能士会
  その他、建設業関係団体4団体
 
 今回から、本フェアの開催について県技能士会連合会として後援することとなりましたが、出展団体がまだ少なく、折角、多くの生徒が参加しており、施設内スペースにも余裕があるので、もっと多くの技能士会から出展いただければ、技能士会・生徒の双方にとって大きなメリットがあるものと感じました。また、出展団体が増えれば、参加高校生も増える可能性もあると思います。
 本フェアは来年度以降も開催される見込みと聞いていますので、是非、関心をお持ちの技能士会におかれましては、ご検討をよろしくお願いいたします。
御不明な点は、事務局までお問い合わせください。


PDFファイルやまぐち建設産業魅力発見フェア 開催要領


【鉄筋技能士会】

鉄筋技能士会

鉄筋技能士会


【畳技能士会】

畳技能士会

畳技能士会

畳技能士会


【鳶工業連合会技能士会】

鳶工業連合会技能士会

鳶工業連合会技能士会


【建設山口技能士会(大工)】

建設山口技能士会(大工)

建設山口技能士会(大工)

 

 

県土木建築部との意見交換会

 平成30年7月12日(木)に建設関係部会16名の委員が参加して、下記の3項目について要望を行い、県からそれぞれ回答をいただきました。
 
①人手不足分野における若手人材の確保・育成について
 
②現場常駐制度の更なる拡充について
 
③畳製作基準の必要性について
 

PDFファイル県土木建築部からの回答