山口県職業能力開発協会は「職業能力開発促進法」に基づき、国や県と連携をとりながら従業員の能力開発、向上のための事業を行う団体として設立されています

入会案内

協会が提供する3つのサービス【詳細】

山口県職業能力開発協会は、「職業能力開発促進法」に基づいて設立された法人で、厚生労働省、山口県及び中央職業能力開発協会と密接な連携のもとに、民間企業等における職業訓練の支援や職業能力評価試験の普及促進など、働く人々の能力開発のお手伝いをしております。

1.企業が求める人材育成を支援します

  • 職業能力開発促進大会(表彰者等)
  • 職業訓練指導員免許取得講習会(1級技能士、各種職業訓練修了者)
  • 中堅技能者のためのキャリアアップ研修会(ものづくり現場における中堅技能者)
  • 熟練技能者のための指導技法等講習会派遣(ものづくり現場における熟練技能者)
  • 能力開発レベルアップ講習会(管理者、管理業務担当者)

2.働く人々の技能と知識を公証し社会的評価を高めます

  • 技能検定試験の実施(国家検定/合格者に「技能士」の称号授与)
  • 基礎級技能検定の実施(外国人技能実習研修生の技能検定)
  • コンピュータサービス技能評価試験の実施(ワープロ部門、表計算部門等3部門)

3.ものづくり技能水準の維持向上のための支援をします

  • ものづくり体験フェアの開催
    ◇技能の展示・実演・体験・即売/技能士会、関係団体等
  • 技能者表彰の実施
    ◇叙勲、褒章、優秀技能者等の国、県、中央協会への推薦
    ◇技能振興、検定功労、技能競技大会成績優秀者、検定成績優秀者等の表彰
  • 技能五輪全国大会への参加支援(満23才以下の青年技能者)
  • 技能グランプリへの参加支援(特級、1級技能士)
  • ものづくりマイスター等の派遣・指導(工業高校等への派遣)
  • 山口マイスター、全技連マイスターの認定支援(高精度、高品質の製品を作り出す技能者)
  • 山口県技能士会連合会との連携(県下25技能士会)